ピュアサウンドを奏でる本格インテリアスピーカー



サラウンド星評

デザインと音質を兼ねたインテリアスピーカー


音質もこだわり、デザインにもこだわり、インテリアにマッチする家具調天然木の本格スピーカー。
スリム&小型スピーカーがモデルチェンジして、「CS-102」として再登場!
密閉型やバスレフ型と違うDTラビリンス型「CS-437N」も好評販売中です。

ウッドコーンの「CULIOR」speaker

全シリーズにウッドコーンユニットを採用し(装着可能)、潤いのある聴きやすい音質が魅力です。
キットでない完成品ですので、アンプに繋げるとすぐにお楽しみいただけます。


・CS-101 スピーカーユニットDCU-F101Wが生産修了の為、生産中止。
・CS-202 生産中止。
・CS-804 15cmウーファーユニットが生産終了の為、生産中止。

DIYとは一音違う、キュリアシリーズ販売中!

ご注文&キャンペーンの詳細は、ショッピングページ


ウッドスピーカーの使用例

PCスピーカーとして パークオーディオのスピーカーユニットと、天然木材エンクロージャーの組み合わせで、ぬくもりと味のある存在感で、どのような場所にもマッチします。
ウッドスピーカーを既存コンポに接続 寝室やサブシステム、AVスピーカーにも最適
○デスクトップやノートPC用スピーカーとして
○テレビやDVD観賞で、AVスピーカーやサラウンドスピーカーとして
○書斎や寝室など、静かに自分のお気に入りの音楽を楽しむサブオーディオシステム用として
○宅録や小規模音楽編集のニアフィールド・モニタースピーカーとして
家具調スピーカーで、スペースを気にせず良い音を楽しめます。



キュリアスピーカーの特徴

PARC Audio ウッドコーンドライバー採用

PARC Audioのウッドコーンシリーズ
ドリームクリエーション

キュリア採用ユニット
 ・8cm フルレンジ DCU-F101W F101W2
 ・15cm ウーハー DCU-151W
装着可能ユニット
 ・13cm フルレンジ DCU-F131W F131PP F132P 他
 ・13cm ウーハー DCU-131A 131K2
キュリアスピーカーに採用しているPARC Audioのウッドコーンシリーズは、振動版に多層構造ウッドコーンを採用し、潤いのある音を奏でます。
PARC Audioの目指す「気持ちの良い」「空気のように軽やかな」「さわやかな」「心地良い」のとおりに、多くの人に好かれる本物志向の製品です。
しかし、すばらしいドライバーですが、PARC Audioはスピーカー・オーディオ機器のクラフトスピーカーの為、ウッドコーンユニットをスピーカーシステムとして販売していません。(一部を除く)
キュリアシリーズは、ウッドコーンユニット毎に最適化設計を行い、完成品としてウッドコーンスピーカーシステムご提供します。

「N」シリーズ(CS-437N)は、エンクロージャー(箱)のみの販売となります。
PARC Audioの13cmシリーズはウッドコーン、PPコーン、アルミコーン他とバリエーションが豊富で、特色がありますのでご使用者のお好みによって使い分けれます。


高音質設計

キュリアスピーカーは視聴・使用環境を考え、設計コンセプトを持っています。
・省スペースを前提に考えると、幅の狭い「スリム型」で小型
などですが、設計上最良の音を出すのはある程度の大きさが必要となってしまいますので、小型で良い音のスピーカーは矛盾が生まれてしまいます。
欲張りですが、設置スペースが無いけれどウッドコーンの音色を楽しみたい人もいると思います。
キュリアシリーズは、お客様の求められる厳しい条件の中、ウッドコーンの能力を最大限発揮するよう、設計&チューニングしたものを規格・シリーズ化しています。

さらに、一般的な量産型スピーカーの場合、箱の中は見えないため安価な部品や素材を使ったりしますが、キュリアスピーカーは少しでも良い音を再生するために一定条件の物を使用します。


ウォールナット無垢材の家具調仕上げキャビネット

キュリア小型シリーズは、高級家具にもよく使用され、世界三大銘木の1つとされている「ウォールナット」を使って製造しています。
ウォルナットは、「強い」「重い」「粘りがある」「狂いが少ない」「加工しやすい」等の特徴がありますが、それがスピーカーのエンクロージャー(キャビネット)として優れているかは別の話となります。

実際に、数種類の木でエンクロージャーを試作して聴き比べると、ウッドコーンユニットの潤いのある音やきれいに伸びる高音の良さを最大限引き出すのがウォールナット材で、採用した理由です。
  ウッドコーンに相性の良い木材を選別

ベニアやMDF(中密度繊維板)など種類を選べば、比較的クセの無い音質で安価で作ることも可能ですが、ウッドコーンの視覚的魅力も考えると、インテリアにも配慮したデザインにもこだわった理由のひとつです。
キュリアスピーカーは、ウッドコーンスピーカーユニットにマッチしたウォールナット材の使用と、ウォールナット材を生かすオイルフィニッシュによる家具調仕上げに集約されています。

新商品であるセミトールボーイ形は中型のスピーカーで、キャビネット内部は迷路のような構造のためにキュリア小型シリーズより多くの材料を使います。
木材の選定には悩みましたが、販売価格を抑えるのと、キャビネットの共振が少ない構造の為、外側はパイン集成材&内部はMDF材を使用しました。
仕上げは木目を生かしたウォルナット調仕上げを標準としています。